12/01/31の市況(決算と自社株買いのあるなし次第)

例年、1月下旬は一年で一番寒い時期である。 しかし、この冬の寒さは例年以上だ。 ガキの頃まで戻れば、神田駿河台の坂を滑って「明治大学を滑る」、本郷・無縁坂を滑って「東京大学を滑る」などとシャレにならん事態に追い込まれた時を筆頭に、最近より寒い時期がないわけではないが、ここのところの寒さはキツい。 ※明大も東大も受験してません。東大模試は受けたが…念のため。 平均気温も、平年より3度ほど低いようだ。目黒の権之助坂じゃなくて日光いろは坂のような…とやってしまうとやりすぎだが、宇都宮にいるような気分にさせられてしまう。 心筋梗塞、脳卒中を発症した人、例年以上だろう。 節電を強く言われる最近だが、早朝の時間帯は問題になっていないので、タイマーを使って、目覚める頃には暖かくなっているようにしておいて下さい。 &&&&&&&&&&&&&&&&&&&& 昨日、政府がパワハラ指針をまとめた。 これって、SEI社畜興業にも当てはまるじゃないか。ただ社畜興業のやり方は「指針」をすり抜ける形で巧妙かつ悪質なので性質が悪い。上位階級者の押し付けは見られないものの、不当に安い扱いを多数行うことで人格否定を公然とやっている。その一方で「女性起用」「身障者起用」の建前の中、役が立つ者はいいとしても、役が泣くような能力しかないようなのを平然と担ぎ上げる不公正待遇が横行している。 「でかい音量で周囲を妨害する"エクストラ"アダルトチルドレン」 「薄っぺらな知識をひけらかし押し付ける…

続きを読む

12/01/30の市況(富士山麓地震やタイ洪水…転載は忘れたころにやってくる)

認知症、認知しよう、認知した とんでもない三段活用を宮根誠司でやってしまった。(申し訳ございません) 「隠しごと」あきまへん。 そんな宮根が司会するワイドショー・Mrサンデーを昨晩見てしまった。直下型地震では足腰立ちませんぜ…と。隠しごとするくらいハッスルして足腰たたなくなるあんたに言われたくない…と思いながら。 1995年1月17日午前5時46分阪神大震災発生当時、宮根は大阪・梅田駅前でタクシーに乗っていたのだとか。そこでタクシーが動けなくなる事態に見舞われたのだとか。その際、運転手に「パンクした」と説明されたとのこと。 タレントを副業とする清水国明が、テレビ朝日の富士五湖・河口湖畔での生中継中・午前7時43分に直下型の地震に遭ってしまい、その後も地震が続いていた…とするのと、Mrサンデーの番組構成は単なる偶然でしかない。 やがて宮根の番組は終わった。すぐ、次の番組の予告ビデオが流れた。やたらイケてるイントロだった。だが、二十数分後に幻滅することとなる。 そのままフジテレビの映像を流していた。やがて新堂本兄弟が始まる。"兄弟"かもしれない堂本剛、堂本光一が出てきた。"姉妹"がいてはいけないはずのSKE48が16人(?)ドンと出てきた。高橋みなみ"アニキ"も形無し… 「おならがどーよ」「みなみアニキより年上」みたいな話が出て来ていた。そんなことはさて置き、やがて幻滅する事に。やたらイケてるイントロが流れてきたが、数秒で終わり、あとはベタなアイドル軍団の歌…

続きを読む

12/01/13の市況(ソープトレインで苦笑の翌日8500フライングゲット)

昨晩のブラタモリは、「新吉原」だった。 痴情派…もとい…地上波放送なので、社内恋愛成就(厳密には局内恋愛。NHKは会社ではないので)の久保田祐佳アナのお口ではもとより、タモリ、立教大学名誉教授の口からも風呂屋の話は公然と出るはずもなかった。とはいえ、昔チンチン電車が近くを走っていたことまではフォローできていなかったものの、「ソープトレイン」「二股に割れた大根」「(外周限定とはいえ)お店の看板」が出てくる始末だった。恵比寿マスカッツのお遊戯みたいに、チンチンと鐘を鳴らすような言葉は出てこなかったとはいえ。 柳橋から船に乗り、隅田川を上って桜橋たもとの船着き場へ。そこから待乳山聖天、埋め立てられた跡の堀を歩き、「新吉原」へ。 田んぼを埋め立てて作ったんだって(へー) あの一帯は土を高く盛っているので、周囲より高くなってるんだって(へー) 春には咲いた桜の木を根元から持ち込んだんだって(へー) 太夫は時計の修理もしたんだって(へー) ちょうちんやが出てきて、納入前の「●●(店の実名)」ちょうちんが…(うーん) タモリ倶楽部だか、トリビアの泉だか…わかんなくなってしまう。 総武線を「ソープトレイン」とはよく言ったもんだ。座布団一枚だ。たぶん「ソウルトレイン」に掛けたのだろう。映像にあった浅草橋=両国間から(吉原まで)はバスかタクシーでも使わないとムリだが、この間を走る総武・中央緩行線は千葉=三鷹間であって、東の外れ・千葉駅からちょっと歩くと『栄町』があるのでズバリだ。つい…

続きを読む

ご賛同いただけた方はクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ