16/10/25の株価指数(日本橋でJR九州が第二の三菱自動車扱いとされなければいいが)

JRの北と南で明暗がくっきりと分かれた1日だった。 北の北海道は暗だ。輸送密度が低い区間を、バス転換で廃止にする意向と報じられた。留萌線の残存区間(留萌=深川)、札沼線の北部(北海道医療大学=新十津川)、根室線の一部(富良野=新得)がその対象。留萌線、札沼線については「足切り」みたいなイメージなのでわかりやすいが、根室線については滝川=根室間の途中なので分かりにくい。 根室線の一部(富良野=新得)が対象になった理由を探ったら、以下の2つとなった。 ①札幌・新千歳空港と道東の間を結ぶ鉄路は、1981年開業の短絡線・石勝線にとって代わっている ②8月31日に襲来した台風10号の被災で、東鹿越=新得の被害が甚大で、復旧工事に取り掛かる場合でも来春以降 客が少ない、代替手段がある、ヤメタ。それが富良野=新得だ。 JR北海道は、旭川電気軌道や夕張鉄道のように「昔は鉄道会社だった」と化すとは考えにくいが… 南の九州は明だ。でも、利益構造は「不動産投資業」。 今日、晴れて東証1部に上場した。 ここは市川紗椰や松井玲奈のように「鉄」を語る場所ではなく、川合俊一や杉村太蔵のように「株」を語るところなので、九州新幹線だのななつ星だのは書かない。 今では「IPO=暴騰」なんて必勝法はなくなったが、上場直後の初値は、上場直前の売り出し価格より高いことが多いことに変わりはない。JR九州も売り出し価格より高く寄り付いた。 売り出し価格2600円 初値3100円(09…

続きを読む

16/10/24の株価指数(アベ(Ave)はダメでも、業績記事は読まんといかん)

JR九州の線路が通過する鹿児島市喜入町生まれのドラえもん「スネ夫」声優が、JR九州上場目前に亡くなられた。 マツダスタジアムがある広島市で生まれた俳優が、SMBC日本シリーズで広島優勝(?)を前に、亡くなられた。 合掌。 卍卍卍卍卍卍卍卍卍卍 昨日、宇都宮城址公園の近所で自宅を焼き、城址公園で爆発物自殺を決行しやがった元自衛官の老人男性…迷惑を通り越して拡大自殺するんじゃねぇ。巻き添えを食わされた形の中学生3名へどう償うんじゃ(怒)。 11日、生ごみを集積所から持って行ってまで肥大化させられた福島県郡山市にある「ゴミ屋敷」で失火の末、全焼してしまったとともに、焼死してしまった元NHK職員がいた。かつて4軒もの「ゴミ屋敷」を保有していたと聞いてはいたが、失火1軒と「ゴミ屋敷」3軒…大迷惑じゃ。 「コネ入社じゃない人へ過重労働しわ寄せ」電通や「ホテル暮らしかつ過重労働」関電の過労自殺については、即日じゃないあたりに「国策報道」の気配を感じざるを得ない。「吉原の女性従業員にお手入れ」のような異常なタイムラグを感じざるを得ない。その一方、元自衛官や元NHK職員については「国策」など不要で、「見せしめ」にするしかない。怒り炎上…当然です。 ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇ 今日の東京株式市場は、基本は「日銀砲発射」だけだった模様。 良くも悪くも決算報道…の取引を除けば、心ここに在らずなんて雰囲気だけだった。 そんなことで、メ…

続きを読む

16/10/18の株価指数(花王の自社株買いは終了しているらしい)

ボブ・ディランへノーベル文学賞が「勝手に」送り付けられてしまった翌日、米国子会社が版権を持つソニーが年初来高値を付けた際、ノーベル文学賞効果だと当てずっぽで流布した通信社やら踊るスポーツ新聞やら…何やってるんだか。 ディランの旧譜在庫が売れるとか…に加えて、1966年ツアーの50周年記念ライブ盤『ライヴ 1966』が36枚組ボックス・セットで11月23日に発売決定(日本では25000円)があるのではあるが、いくら『ライヴ 1966』の収録曲が音楽配信されなそうだからって、ソニーの企業から考えたらそんなにサプライズ扱いするようなものでもない。全世界25000円共通と仮定して、100万セット販売できれば250億円の売り上げとなるので、CDショップへのマージン、印税、宣伝コスト、物流経費、生産原価等々を差っ引いても50~100億円の粗利となりそうだが、決定的にソニーの利益が向上するものではない。株へのインパクトの意味では、ノーベル文学賞ボブ・ディランより、「刈羽はNO」新潟県知事選挙当選者の方が大きい。 ITバブルから17年後の今年は、VRバブルとソニー・東芝を云々していたら、(石鹸の国内シェア1位だから)バブルの王様・花王が10/7を境に勢いがない。「GS格下げ」が原因とするより、「自社株買い終了前のGSが格下げしておいただけ」だから「自社株買い終了」で、事前仕込みの残りとかを処分するしかないから下げとなってしまったらしい。以前、試算したときは10/14(金)で買い付け満額終了となったが、多少…

続きを読む

ご賛同いただけた方はクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ