16/12/30の株価指数(トヨタ、花王、ドラッグ…帳尻合わせの大納会)

あまりの疲労から、自由席どころか普通の指定席でも辛いと、新幹線で京都からグリーン車に乗ってしまった。 別に「格付」とか「優越感」のためなんかではなく、着座による疲労を増やしたくなかっただけである。 ぎゅうぎゅう詰めの満員電車で長時間通勤するのに疲れ、通勤ライナーの乗車券を買い求めるのと、やったレベルは変わりがない。 椅子のつくりから楽なところに、席の間隔も広いので足も延ばせる。それから、酒の席と勝手にジコチューで決めつけ、声高にわめくクソジジイのようなボケカスもいない。 京都→東京の運賃をざっと5割増しにしたグリーン車のお話はこんなところで終わりです。 ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇ 昨日はレンタカーで徘徊していたのだが、今日は電車と徒歩での移動だった。 実は、車の移動よりも情報が取れない! それでも、スマホ画面からなんとなく東京株式市場の雰囲気のようなものが読み取れるものでして。 ①寄り付きはNY下げに従う流れと、事実上今季最終日の家族会議買いの流れが交錯したような感じだった。基本は下げだが、生活関連に限定すればお高め。 ②午後に入り、株価指数が上に行き始めた。「12時50分」を境に、「日銀砲発射」の気配が露骨に。13時台と14時台の50分あたりまでは、「日経平均をプラスにしろ」「TOPIXをプラスにしろ」と買いオペに動いていた気配がありありと見えた。上げ銘柄群を並べると、自動車株でトヨタだけ、NTT、KDDI、花王、…

続きを読む

16/12/29の株価指数(家族会議の決め事なんて、せいぜいひとつふたつだろ)

堺のホテル朝食会場で、京都橘高校や福岡・柳川高校のバスケットボールチームらしき一団に出くわしてしまったのには、苦笑するしかなかった。スケジュールがあるのだろうが、朝食まで必ずしも一斉に集団行動しなくてもいいだろ、と思ってしまった。 京都橘高校や福岡・柳川高校の一団を見た理由…なんかの大会じゃないか? と思って検索してみたら、(張本勲を生んだ)浪商学園で行われた大会・ベアーズカップへの遠征だった。浪商学園がある泉南に宿をとってしまうと、エバる、ドヤす、ゲス、ジコチューな泉南ジジイに接触の恐れがあるためキケンだから泉北にしたのは賢明と褒めてあげたい。 大阪のホテルに限ったことではないのだろうが、ホテルで中国人観光客の群れを見るのが普通になってしまった。スーツケースやキャリーケースがまとめておかれていたとしたら、中国人団体客の場合が多い。マナーは最悪と評判が悪いのは、群れてやかましく高慢ちきな姿を散々見せつけられているせい。関空島の対岸・泉佐野や岸和田に収容して下さいよ。 堺市がご当地ナンバー発足で、イメージが悪すぎる「和泉ナンバー」から卒業したこと、わかる気がする。 ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇ 今日の東京株式市場について、「透視能力どころか投資能力がないのでチャレンジするしかなかったが赤ペン先生が匙を投げた凍死罵」に尽きてしまう気がするが、そのあたりをいまさら書いてもしょうがない。 朝方のイメージは、「家族会議の決定を、欠席裁判では…

続きを読む

16/12/27の株価指数(日経砲でJR鶴見線がチャレンジ東芝社員葬式の様相)

本当は平和に「キリンやライオンの●●●●をとれてよかったね」と、伏字に「しゃしん」と入れて動物園へ行ったお子様にやるべきなんだろうが、今年の漢字な世界では「株主優待」なんて生々しい世界になってしまう。商品詰め合わせ…生々しい。 今日は、12月引き渡しの最終日だった。青筋立ててキリンやライオンやアサヒを買い急いだ主婦がいたに違いない。 今日は、2016年引き渡しの最終日だった。青筋立てて節税売りやNISA枠使い切りに焦った団塊がいたに違いない。 動物園でのほのぼの系を書くのは性に合わない。キッツイ話を書いていた方が性に合っているらしい。 ★★★★★ 今日午前2時、「東芝が2017年3月期に米国の原子力発電事業で1000億円規模の特別損失を計上する見通しであることが26日分かった。東芝は主力の半導体メモリーが好調で、今期の連結業績を複数回、上方修正していた。(中略)原発子会社の米ウエスチングハウス(WH)が昨年末に買収した米原子力サービス会社を巡り、売り手の米シカゴ・ブリッジ・アンド・アイアン(CB&I)と資産価値の算定を巡って第三者の会計士に調整を委ねていた。東芝側とCB&Iの差は約26億ドル(約3000億円)に上る。損失額は1000億円を超える可能性もある。」と日経砲が放たれた。 これを受け、東芝株の寄り付き前はストップ安気配と化していた。「フラッシュメモリーバブルで業績上方修正連発」なんて雰囲気は台無し。ただ、実際にはストップ安にまで至るこ…

続きを読む

ご賛同いただけた方はクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ