17/01/30の株価指数(赤字計上SONYとNECで「清算」の意味が違う)

この週末、HOMES、ABLE、at homeなど不動産賃貸仲介業者のテレビCMが急増していた。 4月の就職、転職、転勤、大学入学、(内部進学ではない)大学院入学に向けて名前を覚えこまそうと、集中出稿が始まったとみていい。ここでは広瀬すずや桜井日奈子の影が薄くなること大歓迎だ。 ♪♪♪♪♪ 今年に入ってからなのだろうが、アパート賃貸経営のテレビCMが増加しているような気がする。 「成長余地がなくなったのに成長しようと告知をゴリ押し」気色悪い。 「低金利×相続対策」が暴走してバブル成長…バブル崩壊が始まっているのにもっともっと成長したいなんて、できっこないことをやらせようとしている。 さらに、日本のメディアでは完全スルー状態だが、アメリカのブルームバーグで重篤な指摘が… 中華人民に対し、人民元の外貨両替枠・約5万ドルを、本土外での不動産取引に使うなと中国政府が昨年大みそかに義務付けた。そのあおりで、昨年中は英国ロンドンや米国シリコンバレーなど海外で物件漁りを続けていた中国人が、今年に入ってから海外での物件漁りができなくなってしまった。 ブルームバーグの指摘は「中国人が、今年に入ってから海外での物件漁りができなくなってしまった」で終わりなのだが、自ずから想像できてしまうことがある。 中華人民が、不動産を購入するための借金を返済しようにも、国外へ現金を持ち出せないのだから、一部か全部かにかかわらず不動産の処分に及ぶしかない。 日本ではすでに、超高額コンドミニア…

続きを読む

17/01/27の株価指数(カネ太郎auで取り繕え!傾向と対策として受験生は覚えておけ?)

頚性めまいに襲われてしまったような…辛い。 首の痛みがひどいと思っていたら、軽いめまいが(T_T) 貧血にしては下半身に違和感はないし、健康診断で重篤なことなどは指摘されていない。 なんだろうか…探していったら、「頚性めまい」に該当する公算が高い。 辛い。辛すぎる。 ~~~~~ みずほ銀行の57歳行員が、ネットオークションで購入した消印が押された日本郵便の普通切手を切り貼りし、それを台紙に貼ってどこぞの郵便局へ持ち込み、未使用の切手を詐取するだなんて、矯正不能な視力並みの預金金利的なショボいことをやってきやがった。関西大学准教授、大崎市民病院副院長、伊藤園従業員、枚方のヘアサロン店長…字まで同じ他人はいい迷惑だ。 春の高校野球出場校発表、明治神宮での新横綱お披露目…この辺は晴れがましくていいのであるが、東芝が建国記念の日の単元株主に対して「命乞い」をしようと告白だなんて、厚かましい、往生際が悪いとする以外にない。 東芝グループ行動基準なんてものを見てしまった。 もう、わらうしかない。めまいがしてくる。 一部コピペしたが、「どの口が言う」的ウソに満ち溢れている。 ========================= 【東芝グループ行動基準】の抜粋 はじめに 東芝グループは、社会から信頼される企業集団となることをめざし、人間尊重、豊かな価値の創造、そして世界の人々の生活・文化への貢献を経営理念に掲げています。 また、実行力を持ったプロとしての…

続きを読む

17/01/04の株価指数(更生できない中国発投資バブルが佳境に差し掛かっている雰囲気)

森且行と中居正広・稲垣吾郎・草なぎ剛・香取慎吾を交えたSMAP5人慰労会が行われた三が日が終わった。 竹内まりやが唄われてしまった演歌の花道が放送された三が日が終わった。 青山学院大学がナンバーワンと大威張りできた三が日が終わった。 オリンパス、日本電産、豊田通商と、「親御さんに就職先として認知・説得させる材料」としか思えないテレビCMが乱発された三が日が終わった。 昨年、しんぶん赤旗が東芝の不正会計問題について「粉飾決算」と断じていたが、三が日の最終日、アカヒ新聞がやっと後に続いた。読むに値しない日韓ヒュンダイは後追いで「東芝 NECと合併」なんて、中学生レベルの粉飾デタラメを上から目線で並べる…オワットル(呆)。 ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇ 今日の東京株式市場は、「全面高」なんて覚えよく書きたいところだが、株価指数が右肩上がりの時ほど景気がいい証券業界が騙りたがる「トランプラリー」にしては異様過ぎる。「景気が良くなったから株があがった」なんて裃すら理解できない神戸製鋼をたらいまわしにされたスラグ・王様の耳はロバの耳がほざいたことは真赤なウソ! 海外の買いが強いとかなんとか…とのことだが、ホンマかいな。 欧州は景気がサッパリよろしくない。イタリアの銀行が持たないだの、スペインやギリシャはムリクリ先送りだの… 資源国は、産品価格が底を打ったとはいえ、景気が悪いなんていえない状況からは程遠い。 アメリカが強…

続きを読む

ご賛同いただけた方はクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ