17/01/31の株価指数(二冠王NEC≪≪≪≪≪ひとり相撲トランプの悪影響)

実は選挙公約に粛々とサインしているだけらしいのだが、それが米国の周辺で体制、ビジネス、健康、人権ブチコワシに及んじまってるんだからたまったもんじゃない。 イスラム過激派のアメリカへの入国を防ぐためより厳しい審査を行うよう、シリア、イラク、イラン、スーダン、リビア、ソマリア、イエメンの7ヶ国の人は、1月27日から90日間、アメリカ国内への入国を停止した。 ①世界中の航空会社は、アメリカ国外発アメリカ国内着の全便で、7ヶ国の人の搭乗をお断りせざるを得なくなった。 ②グローバル企業は、人権面の配慮もあるが、ビジネスの担い手を失わされる現実的被害に見舞われる。そこで、Google、Amazon、Apple、Microsoft、Facebook、Goldman Sachs、Ford Motor、Starbucks Coffeeは怒りの狼煙を上げた。後に続くところは少なくないはずだ。 ③7ヶ国にいる難病患者で、アメリカ国内で治療をしてもらう予定の人が、入国拒絶で治療してもらえない事態に追い込まれる ④7ヶ国の国連職員は、海外から職場のニューヨークに戻ろうとして戻れない。国連会議で7ヶ国は締め出しか? どう落とし前をつけるつもりだ? ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇ 今日の東京株式市場は、基本的に「トランプ大統領令」に世界のマーケット参加者が批判を叩きつけた結果とすべきだ。昨夕のソニー減損処理報道はソニーに影響は限定され、昨日昼下がりの…

続きを読む

17/01/30の株価指数(赤字計上SONYとNECで「清算」の意味が違う)

この週末、HOMES、ABLE、at homeなど不動産賃貸仲介業者のテレビCMが急増していた。 4月の就職、転職、転勤、大学入学、(内部進学ではない)大学院入学に向けて名前を覚えこまそうと、集中出稿が始まったとみていい。ここでは広瀬すずや桜井日奈子の影が薄くなること大歓迎だ。 ♪♪♪♪♪ 今年に入ってからなのだろうが、アパート賃貸経営のテレビCMが増加しているような気がする。 「成長余地がなくなったのに成長しようと告知をゴリ押し」気色悪い。 「低金利×相続対策」が暴走してバブル成長…バブル崩壊が始まっているのにもっともっと成長したいなんて、できっこないことをやらせようとしている。 さらに、日本のメディアでは完全スルー状態だが、アメリカのブルームバーグで重篤な指摘が… 中華人民に対し、人民元の外貨両替枠・約5万ドルを、本土外での不動産取引に使うなと中国政府が昨年大みそかに義務付けた。そのあおりで、昨年中は英国ロンドンや米国シリコンバレーなど海外で物件漁りを続けていた中国人が、今年に入ってから海外での物件漁りができなくなってしまった。 ブルームバーグの指摘は「中国人が、今年に入ってから海外での物件漁りができなくなってしまった」で終わりなのだが、自ずから想像できてしまうことがある。 中華人民が、不動産を購入するための借金を返済しようにも、国外へ現金を持ち出せないのだから、一部か全部かにかかわらず不動産の処分に及ぶしかない。 日本ではすでに、超高額コンドミニア…

続きを読む

17/01/27の株価指数(カネ太郎auで取り繕え!傾向と対策として受験生は覚えておけ?)

頚性めまいに襲われてしまったような…辛い。 首の痛みがひどいと思っていたら、軽いめまいが(T_T) 貧血にしては下半身に違和感はないし、健康診断で重篤なことなどは指摘されていない。 なんだろうか…探していったら、「頚性めまい」に該当する公算が高い。 辛い。辛すぎる。 ~~~~~ みずほ銀行の57歳行員が、ネットオークションで購入した消印が押された日本郵便の普通切手を切り貼りし、それを台紙に貼ってどこぞの郵便局へ持ち込み、未使用の切手を詐取するだなんて、矯正不能な視力並みの預金金利的なショボいことをやってきやがった。関西大学准教授、大崎市民病院副院長、伊藤園従業員、枚方のヘアサロン店長…字まで同じ他人はいい迷惑だ。 春の高校野球出場校発表、明治神宮での新横綱お披露目…この辺は晴れがましくていいのであるが、東芝が建国記念の日の単元株主に対して「命乞い」をしようと告白だなんて、厚かましい、往生際が悪いとする以外にない。 東芝グループ行動基準なんてものを見てしまった。 もう、わらうしかない。めまいがしてくる。 一部コピペしたが、「どの口が言う」的ウソに満ち溢れている。 ========================= 【東芝グループ行動基準】の抜粋 はじめに 東芝グループは、社会から信頼される企業集団となることをめざし、人間尊重、豊かな価値の創造、そして世界の人々の生活・文化への貢献を経営理念に掲げています。 また、実行力を持ったプロとしての…

続きを読む

ご賛同いただけた方はクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ