17/02/28の株価指数(今度はMSCIリバランスでアンダーコントロール)

アメリカは議会演説を前に嵐の前の静けさ 日本のワイドショーは小川彩佳と嵐の前で静けさ そんなのどーでもええ。 港区にある日本テレビ、テレビ朝日、TBSテレビ、テレビ東京、フジテレビとことごとくスルーだ。相手にしたのは、千代田区にあるMXTVぐらいかもしれない。 ♪♪♪♪♪ 港区東新橋(俗にいう汐留)に本社を構える富士通が、4月21日から全社員3万5000人を対象に「テレワーク勤務制度」、言い換えれば「在宅勤務制度」をスタートするんだそうな。すげぇ…と思ってはいけない。インターネットコンピューティングの王様のような企業が、やっとこさ重たい腰を上げただけとしてしまうのがいい。KDDIやNTTドコモの後塵を拝している。 なお、「全社員3万5000人」としていることに要注意だ。富士通グループ全社員を対象にしているわけではない。本体「富士通株式会社」の社員だけ。富士通の株価をバカにできるぐらい逆転してしまった「負け残りエアコンが勝ち組に化けてしまった」富士通ゼネラルや、「スパイウェア疑惑をもたれるパソコン製造中国企業現地法人」へ身売りとなってしまった島根富士通などは対象外だ。 富士通は「朝は定時出社できなければ午前休暇にされてしまうので保育園送りのママが激怒するばかり」「見なし残業制適用になっていない見捨てられた人に残業代カットを目的に早帰りを強要する」名ばかりフレックス制度を放置しっぱなしなので、4月21日以降は「怒りの出社拒否テレワーク利用」が多数を占めるだろう。「…

続きを読む

17/02/23の株価指数(来年で最終回の皇太子誕生日に、ネタがない)

通勤電車から「ビキニグラビアのおまけ」と化した漫画雑誌、なぜか「あゆ(浜崎あゆみ)・(氷川)きよし・(松田)聖子」福岡県出身芸能人に固執する女性週刊誌、「紙ごみヒュンダイの後を追う巻末エロ」男性週刊誌と、ことごとく中吊り広告が消滅した。 その根本原因は、インターネットなのは言うまでもない。ガラケー、「ガラケーとPDAを統合したような」スマホのコンテンツに時間を奪われ、通勤電車でありとあらゆる雑誌を読んでいる人が激減してしまった。 通勤電車で雑誌を読む人が激減したと同時に、新聞を読む人も激減した。減っていないのは受験参考書(※)を広げる者程度ぐらいに。 ※ここで言う「受験」は「大学」「高校」「中学」に限らず、英検・漢検・フィナンシャルプランナー・宅建・日商簿記など資格試験も含む そんなことが、ケガの功名みたいなことももたらしていたりする。場所を占有してしまう紙の束が広げられないので、車内のウザさが少なからず緩和されたなんてメリットも生じた。 ★★★★★ 新聞雑誌の長期低落に比べたら期間は短いが、iPadのようなタブレット端末を通勤電車の車内で見ることも減りつつあるような気がする。調べてみたことだが、タブレット端末の売り上げ台数ピークは2013年だったんですと。 とはいえ、タブレット端末を満員電車の中で使う人がいなくなったわけではない。 今日見かけた使う人は、席に座っている人じゃなくて、満員電車の中で立っていた人…老人には見えなかったものの中年後期らしきオッ…

続きを読む

17/02/22の株価指数(アサヒ味の素キッコーマン暴落。ファンド決済売り爆弾投下ですか?)

平日昼間に前期高齢者タモリや高田純次がブラブラしていたとしても「収録ですか?」とされてオシマイ。アラフィフさまぁ~ずがブラブラしていたとしても「収録ですか?」とされてオシマイ。 かんぽ生命の制服を着ていない井ノ原快彦、朝ドラが黒歴史の風間俊介どころか、大野智や櫻井翔でさえ、腐女子から女性ホルモンむき出しで騒ぎまくられたとしても、中高年男性からは不審者扱い… ※競馬場周辺に高田翔がご登場の場合に限って歓迎される、例外もある 平日昼間に三十路男がビジネス街以外をブラブラしていたら、不審者扱いされかねないのが日本である。 そんな日本で、不審者扱いの被害を受ける人を激増させようとするキチ国策が、プレミアムフライデーだ。 15時過ぎに「照明、エアコンなどの電気代がもったいない」と言わんばかりに勤務先オフィスを追い出された挙句に、不審者扱いじゃあやっとれんと怒りに震える社畜がゴロゴロいそうだ。 早く解放されて、メリットが生まれる面々がいることは否定しない。 ①定時退社では「夕食時」とかちあって看護師などから迷惑扱いされかねない見舞いや、クスリ1ヶ月分調達のために病院へ向かう人 ②18時開場のコンサート、18時試合開始のプロ野球のスタートに間に合う。 ③わざわざウン分で用が済む手続きのためだけに、有給休暇か欠勤を余儀なくされていた人が、手続き場所へ向かえる。その主な先は9to5で融通が利かないお役所仕事の窓口 ④手続き以外でも、わざわざ勤め先を休んで行っていたようなところで、…

続きを読む

ご賛同いただけた方はクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ