17/09/29の株価指数(Enough, Bore)

昨日は「みどりのおばさん」、いや「みどりのおばあさん」小池百合子で大騒ぎになってしまったが、今日は残り火ばかり。 「ボイコットされる老人」も「ロケットマン」もデイタイムに新ネタなし。 気持ち悪いぐらい静かな、事実上の四半期最終日だった。 このハゲェの学校の10年分(桜蔭学園→東京大学)の後輩、リケジョ菊川玲がフジテレビのとくダネを今日を最後に降板したが、その理由が「芸能活動を休止する」で当人的には構わないが、「広告収入減少に伴うリストラで、穴埋めでコルセンが雇わざるをえないようなカスの時給から見たら天文学的高時給であっても、安上がりな社員で穴を埋める」とコスパの話に置換されそうな… 最大16年「学園生活」をフルに送ってしまうとリケジョになれない私立学園(成城学園)に9年間通わせてもらい、「チヤホヤされたい」と言わんばかりに母と同じ業界に入ったものの、尻すぼみ。ホストクラブで母の遺産を食い潰し、写真集では不摂生の祟りか「やせ過ぎ」「肌が汚い」と不評で、MUTEKI・ムーディーズでは「演技が棒」と不評で、オファーが途切れた挙句に流れ着いたのがキャバ嬢。その女子が「引退の概念があやふやな芸能界を引退」「普通の女の子」だって? 笑わせるんじゃないよ。26歳になってまで「女の子」と自分を詐称するなんて、キモイ。 第三者的には、「プレミアムフライデー」とわざわざ死語を言うようなことで穴埋めしても許されそうな、週末の夜だ。 ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇…

続きを読む

17/09/28の株価指数(大義なき小池原発ゼロショックに希望が見えない。日本郵政暴落先送りも)

SPPED不倫を「保育園落ちた」不倫が帳消しにした ロケットマンの暴挙が「このハゲエエエエエェェェェェ」暴言を帳消しにした 高年女性が胸をときめかせる氷川きよしが唄ったフレーズ、「やだねったら、やだね」の応酬で、傾向と対策に従ってアタックチャンスと言わんばかりに、高年男性に「解散」と言わせてしまった。 「ビッグイベントを回避せよ」傾向と対策に従って、プロ野球日本シリーズが始まる前に総選挙に日程を設定した。次の日曜日は日本シリーズだから、浮動票が減ってダメということだろう。次の次の日曜は、日本シリーズ第7戦があるかもしれない以前に、「日本式コスプレハロウィン」で若手が投票に行かないから、老人支配の投票が強化されてダメ。次の次の次の日曜日は「文化の日3連休でお出かけ」されてしまう上に、大学生の中には「学園祭」にかち合う人も出るので、老人支配の投票が強化されてダメ。 「村社会の利潤最大化」に走り過ぎるのが、今の安倍政権である。10月22日に投票日を設定したのも、どーせ村社会の利潤最大化の一環でしょ。 「いよっ、世渡り上手!」と太鼓持ちに声を掛けられそう。 ★★★ 「総選挙前は株価指数が上がる」傾向と対策(→アノマリー)に従った、日本郵政株のハメ込みは無事終わった。 総選挙の足かせがなければ、引受証券会社の担当者は肩の荷が下りたとなったはずだ。 もう、次の放出話が出てくるまで、忖度する必要もないなと。 日本経済新聞社が「日経平均株価採用銘柄」にし、東京証…

続きを読む

17/09/26の株価指数(日本郵政あたっちまった(T_T)資金繰りの売りの影が)

去る木曜日だったように覚えているが、MXTVでトランプ大統領の「ROCKETMAN」ツイッターを取り上げたのにかぶせて、ふかわりょう氏が「ROCKETMAN」名義でミュージシャンをやっていたことも晒された。 この先、中二病短小カリアゲ豚野郎こと金正恩は「ROCKETMAN」と世界中で嘲笑されるに違いない… 「ハゲ」が揃えば、男の3大コンプレックスから「チビ」「デブ」「ハゲ」が三拍子揃ってしまうのだが、それが児童・生徒・ティーンエイジャーによる「ロケットマンいじめ」につながりかねないため、プロ市民や教育委員会からの抗議や不買運動や損害賠償を回避するための忖度で、「放送禁止用語」として扱われるようになるのは想像に難くない。 「政見放送」「選挙公報」以外では「ROCKETMAN/ロケットマン」は禁忌用語に指定されるはずだ。泡沫候補以外は使用するバカな真似などしない。となると、過去の問題がないコンテンツも使用制限されてしまう。 ワタナベエンターテインメントのお偉いさんに呼び出され「ふかわくん、ロケットマンは止めた方がいいんじゃない」と肩を叩かれ、「ロケットマン」名義は全て「ryo fukawa」名義に置き換えられ、「ロケットマン」はなかったことに変わってしまう。まるで2011年3月11日の地震で「赤プル」以前が消されたように。 ふかわりょう氏にとって、これはとんだ災難だ。 ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇ 今日の東京株式市場について、見かけ…

続きを読む

ご賛同いただけた方はクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ