17/10/31の株価指数(そうだ、花王を買おう。株価下落はドイツに責任転嫁だ)

「あなたの写真が今すぐお金に替わる」などとうたい、問い合わせたユーザーに情報商材の購入を持ちかけ、多額の金銭を支払わせる「カシャカシャビジネス」について、消費者庁が10月30日、注意喚起した。カシャカシャビジネスのサイトは8月に閉鎖済みだが、同様な手法に注意をするよう呼び掛けている。 この注意喚起のせいか 「テレビジネス」 「1日たったの3タップで日給34000円稼げちゃいました」 みたいな、情弱みたいな何とかを除いて引っかかりようもない、胡散臭い、いかがわしいネット副業バナー広告が10月31日の午前中に全滅した。 でも、どーせ手を変え品を変えで、また詐欺臭い代物がはびこるんだろうとは思うが。 ★★★★★ 「独活の大木」「大男総身に知恵が回り兼ね」 オスマン帝国やモンゴル帝国のような自爆した巨大国家、ヤオハン・ダイエー・兵庫銀行・コスモ信用組合のように肥大化し過ぎて身動きが取れなくなって自爆した企業を思い出してみればいい。 最近の日本では、ヤマダ電機が当てはまってしまう。 (ハロウィンだからの表現ではないが)本能の赴くままお菓子を食べ過ぎたツケで、まだ若いのに生活習慣病や認知症になりやすい何とかのよう。 図体ばっかりでっかいが、品ぞろえがショボい。 「マネシタ電器」のお株を奪う「マネシタ電機」のダボハゼぶり…失笑してしまう。 パナホームの真似をして買収したプレハブメーカーのエス・バイ・エル、なんと2011年10月12日に子会社としてから…

続きを読む

17/10/30の株価指数(トピック・スリ・バランスと切り間違えないように。支え過ぎ)

モラルの欠如(道徳観の欠如) モラールダウン(士気ダウン) がはびこり過ぎる日本である。似て非なるものなのだが、非でも似ていたりする。 安月給で搾取されるだけ、明日の希望もない…おおげさにオープンしっぱなしのケータイショップで心なく作業するだけの絶望派遣社員が陥るのがモラールダウン。クレーマーから浴びされるイチャモンへの言い返しが、言葉尻以外は慎みのない、常識をわきまえない、居丈高になる、尊大になる、無神経で自分勝手になるモラールダウンコールセンター要員なんてものも。商事物産エリート社員の嫁にしてもらおうなんて夢のあるハケンならモラールダウンつゆ知らずだが、やけ酒テレアポ・デリートバイトのハケンなんて(T_T) たまたま生まれた時期がよかっただけで、常識すら身に着けずにのうのうと与えられた「作業」をこなしただけの現役時代の怠惰さがたたって、お礼や謝罪の言葉をすら知らない、慎みのない、常識をわきまえない、居丈高になる、尊大になる、無神経で自分勝手になる、モンスターポンコツジジイババアが蟻地獄に陥っているのがモラルの欠如。 モラールダウンした店員で埋め尽くされる店は最大限敬遠するのがいい。モラールダウンした要員で埋め尽くされたようなコールセンターへの電話も最大限敬遠するのがいい。 ただ、モラル欠如のジジイババアは徘徊するので、運悪く出くわした日にゃあ不愉快にならざるを得ない。 格差社会が拡大し過ぎて、分断されたモラールダウン負け組が増えすぎてしまった。でも、勝ち組…

続きを読む

17/10/27の株価指数(電機がストップ高で、通と重工業が大幅安の富士の明暗)

別に昔の日産系、日産自動車とSUBARU(富士重工業)をかばう気はないのだが、「無資格者が最終検査」で大騒ぎするのって何なの? 無資格者が最終検査をして出荷された自動車で、無謀運転や巻き込まれた以外で、大事故が起きてしまったお話なんて聞いたことがない。三菱自動車工業がかつて犯した「燃費カタログ値偽装」「車体の重大欠陥隠ぺい」のような、エンドユーザーに実害が及ぶ事態になっていたら、今の地位がありえないどころか、倒産・廃業に追い込まれていた可能性すらある。エアバックのタカタが倒産した例を思い出してみればいい。 国土交通省は顔がつぶされたとさぞかしおかんむりらしいが、資格至上主義が愚かである現れとみる以外にない。 最終検査をしたのは無資格者かもしれないが、ドシロウトに検査させるはずがない。 「聴覚障害者の画家と女優の卵が、障害を乗り越えながら愛を深める」金曜ドラマ主題歌が放送自粛となり、昭和末期の井上陽水音声のごとく平成末期の矢沢永吉動画が放送自粛となり…トバッチリが変なところにまで及んでいる。 ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇ 明日からSMBC2017日本シリーズだから書くわけではないが、2013年に黒星が1つしかない2013年度コナミ日本シリーズ第6戦敗戦投手・田中将大のようなのが、27日までの、2017年10月の日経平均株価である。明後日がライスシャワーが飛んできて負けたお馬さんとも書ける。 第48回衆議院議員総選挙のために、中国共産党第…

続きを読む

ご賛同いただけた方はクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ