17/11/27の株価指数(完全に中国に支配されている)

平日昼間に自宅にいるなんて、「働き方改革」なんてでたらめな、「(強制取得ゴリ押し)を除いて年休を取らせない」硬直化した極悪暴挙のせいで、事実上できなくなってしまった。 忖度されて流行語大賞から漏らされた「このハゲエエエエエェェェェェ」と叫ぶしかない、ハゲしい怒りを感じる。 「働き方改革」がもたらした今日的な副作用…セーフティネットが破れたなんて「社会学的フローチャート」を書けないでもないが、わかってもらいにくい。 残業カット→深夜残業もカット→タクシーの深夜料金乗客が激減→低所得のタクシー運転手の収入がさらに減る→タクシーの深夜料金乗客が激減→ただでさえ低所得に落とされた人が多いタクシー運転手の収入がさらに減る→視力次第の条件があるが、セーフティ・ネットの機能が果たせなくなる(主にオッサン) 残業カット→収入源の穴埋めにナイトワークだ→だが供給過多と「客の収入減少」による需要減退のダブルパンチだ→適性次第の条件があるが、セーフティ・ネットの機能が果たせなくなる(主にF2ハケン) 「働き方改革」がもたらした今日的な副作用…一般ピープル向けには「フラリーマン」を針小棒大に描いた方がいいような気がする。「消費拡大」バッカじゃないの(怒)。「働き方改革」は残業カット→賃金カットだ。 「働き方改革」で美術館の来館者が増えたとか、聞いたことがない。映画館もだ。カルチャーセンター、居酒屋、立ち飲み屋、パチンコ・パチスロ、大井競馬場のような夜間公営ギャンブル、(当時の)大阪市長から活用…

続きを読む

17/11/24の株価指数(どうぶつの森ポケットキャンプのスマホバージョンなんて手が回らん)

MXTV(Stock Voice)のリアルタイムじゃなくてBS12みたいな回顧みたいな書き方にするしかなくなってしまった。 昨日はゲロゲロになって寝てしまった。タモリ倶楽部の山手線プラレール(西側のみ)とか、お勉強しかしていない政治学者とかはなんとく見たが、それでオシマイ。 システムインテグレーター・NSW(日本システムウエア)がいまだに「2018新卒募集」なんてバナー広告を打つなんて、構造的な20代の人手不足を感じざるを得ないが、ここでは低賃金で人手が集まらない物流センターの貨物仕分けの「仕分け」とは意味が違う、「仕分け」の話から始まります。 ==================== 昨日の東京株式市場は、いかにも「特異日」みたいな不思議な動きに終始していた。 この要因(ファクター)をあらかじめ頭に置いておかないと、カオス、グチョグチョ、ゴチャゴチャ、チンプンカンプン、モヤモヤ、意味不明な動きになってしまう。 【閑散要因】 ①アメリカとカナダの「Thanksgiving Day」 ヘッジファンド担当者の最終追い込みが終わった 法人からの引き合いが減る ②日本の「勤労感謝の日」飛び石連休 法人からの引き合いが減る 【ヘッジファンドのルーチン開放で上げ要因】 ③ヘッジファンド45日ルールの売りが一巡して上げやすい期間(3で割って2余る「月」の16日から20日過ぎまで)④ヘッジファンド担当者のインセンティヴ確保クローズが終わった (現物売り・信用買い…

続きを読む

17/11/20の株価指数(消波ブロックに砕け散って乱れてよくわからん)

日本のエンターテインメントの一つ、日本歌謡のゴッドファーザー・北島三郎に席を譲るしかないのか、日本のアミューズメントの一つでしかないのに「ジ付き」のように「アミューズメント」と言い張る業者向け娯楽機械のゴッドファーザー里見治は、持ち馬サトノダイヤモンドの有馬記念出走を回避することとした。 エンターテインメント(entertainment)とアミューズメント(amusement)の違いって何? 紛らわしい。 と思ったので英和辞書を引いてみた。 大雑把だが、amusementはentertainmentの部分集合でしかない。 だからなのか、エンターテインメントのゴッドファーザー・北島三郎に、アミューズメントのゴッドファーザーは道を譲るしかなかった。その表れが 「相手選びが下手な下流中年が吹き溜まるシングルヘル第62回有馬記念」 なんだろうか。 出来過ぎたお話になってしまったので、書いてみました。 ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇ 今日の東京株式市場、株価指数では明らかに下げなのだが、個別で見ると意味不明。 打ち消し合って、グチャグチャ。 ①今更だが、欧米か ・先週金曜のニューヨークは米議会のモヤモヤ懸念で株安、ドル安 ・今日の東京場中に、ドイツでは次期政権発足に向けた連立協議が決裂してユーロ安 このパターンに倣うと、電子部品・産業機械・自動車関連など景気敏感セクターが全面安になりそうなものだが、トヨタ・スズキ・ソニ…

続きを読む

ご賛同いただけた方はクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ