12/04/17の市況(とにかく手の打ちようがない流れが終日続いていただけ)

バナーに転職サイトの 30歳500万円、家賃8万車なし→700万円、家賃13万円車あり なんてものが出てきた。デューダ、エン・ジャパン、リクナビ/はたらいく、マイナビのような大メジャーな所ではなかったはずだが。 当然、応募者にはそれなりのスペックが求められるはず。最も一般的なのは、言わずと知れたTOEICのスコアとなるが、求人元の事情によって千差万別と思われ。 デジカメのコアな箇所の設計をしていたとか、ベトナム語に精通しているとか、中東貿易のエキスパートとか…思いもよらないスペックの人を探すケースも多い。 そうなれば、賃金上昇を目指して、あるいはお先真っ暗なブラック企業、凋落企業、倒産の順番待ち企業から脱出しようと転職へと動くものが続出する事となる。 ○住商情報システムに救済合併された旧CSKの社員(CSK消滅前は債務超過だった) ○パナソニックに救済された三洋電機の社員(救済前は債務超過寸前だった) ○収益状況からゾンビと化しているルネサスエレクトロニクスの社員 ○(公言されていないものの)富士通に救済される"ラジオ体操"OKI社員 ○(公言されていないものの)住友グループに救済処理される"全社毎朝朝礼"NEC社員 ○日本電産へ会社ごと売られたドナドナ社員 ○ヤマダ電機に「救済」名目で買われたドナドナ社員 ○そのほか赤字部門で屈辱待遇に甘んじる社員 etc. ※OKIは、優先株発行先が旧富士銀行系の銀行と富士通というだけで自明 ※NECは三…

続きを読む

中部電力の自社株買いについて

ここのところ、中部電力がKYな株価になってしまったことを書き続けているが、きょうもそれを書かざるを得ない。 何も知らないで売買板を見ると、きのうと今日は基本的に「2250円で巨大な売り板を出して、2245円で買い集めている」状態が続いている感じ。 中電は自社株買い期間中である。自社株買いの施行なんてやつは、だいたいどこかの証券会社に依頼しているはず。となれば、顰蹙を買わないギリギリのところで、株を引き取らせるのが、依頼された証券会社の最良の策となるのだ。 中電の自社株買いに関するものは以下の通り。 【自社株買い状況】 中部電力は11/2から3/31の間に300億円・1600万株を上限に自社株買いを行うことになっている。 そのうち103億円分強は11月に買っているので、12-3の4ヶ月で197億円弱を買う形に。 300億円で1600万株を買えば、購入単価が1875円となるが、11月以降の最安値は2010円なので、購入単価が1875円になんかならない。従って、いくら購入に資金を使ったかだけを考えればいい事になる。 【自社株買いのルール】 1.必ず一日一社の証券会社で買付 →日替わりは可 2.発注終了時間は、大引け30分前まで (東証:14:30、JASDAQ・大証:14:40、名証:15:00) 3.「寄付」で発注するには、「前日の終値以下」の「指値」で発注する 4.「ザラ場」で発注するのであれば、その日の高値以下で、かつ、直近の株価をあまり反復継続して超え…

続きを読む

ご賛同いただけた方はクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ