中部電力の自社株買いについて

ここのところ、中部電力がKYな株価になってしまったことを書き続けているが、きょうもそれを書かざるを得ない。 何も知らないで売買板を見ると、きのうと今日は基本的に「2250円で巨大な売り板を出して、2245円で買い集めている」状態が続いている感じ。 中電は自社株買い期間中である。自社株買いの施行なんてやつは、だいたいどこかの証券会社に依頼しているはず。となれば、顰蹙を買わないギリギリのところで、株を引き取らせるのが、依頼された証券会社の最良の策となるのだ。 中電の自社株買いに関するものは以下の通り。 【自社株買い状況】 中部電力は11/2から3/31の間に300億円・1600万株を上限に自社株買いを行うことになっている。 そのうち103億円分強は11月に買っているので、12-3の4ヶ月で197億円弱を買う形に。 300億円で1600万株を買えば、購入単価が1875円となるが、11月以降の最安値は2010円なので、購入単価が1875円になんかならない。従って、いくら購入に資金を使ったかだけを考えればいい事になる。 【自社株買いのルール】 1.必ず一日一社の証券会社で買付 →日替わりは可 2.発注終了時間は、大引け30分前まで (東証:14:30、JASDAQ・大証:14:40、名証:15:00) 3.「寄付」で発注するには、「前日の終値以下」の「指値」で発注する 4.「ザラ場」で発注するのであれば、その日の高値以下で、かつ、直近の株価をあまり反復継続して超え…

続きを読む

ご賛同いただけた方はクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ