16/11/28の株価指数(元・東芝所属のASKAが逮捕なんて、何かを象徴しているかのようだ)

「ASKA、カッコ悪いですよね。家族がいるのに溺れて、捕まったらぺらぺら警察にしゃべって、今はダルク(更正施設)でしょ。なんていうか、超ダサい(笑)」そう豪語していた、世間一般には王道の堕ちてイった扱いのセックスマシーンサイボーグ小向美奈子が、2回目の覚せい剤取締法違反(所持)で6日、現行犯逮捕されたのが去年の2月だった。

あれから1年と9ヶ月、超ダサい事が警視庁から暴露されてしまった。
25日午後7時ごろ、宮崎重明容疑者が自宅から自ら110番通報し、警察官が駆けつけると、ろれつが回らない状態だったり、意味のわからないことなどを言っていたりした。その後、警視庁が任意で尿鑑定を行った結果、覚醒剤の陽性反応が出た。

東京マラソン2010(車いす)優勝者の先輩とは呼んでもらえない、シミケン
ブログの女王・小林麻央の先輩とは呼んでもらえない、岡崎聡子
地元・品川区で最期の絶唱をして旅立った島倉千代子の後輩とは呼びようがない、中退・小向美奈子
都立大学→東芝がある府中にある刑務所、田代まさし

と、マルチ逮捕で並んでしまった。

どれだけ待てばいいのですか…無駄だ

余計なものなどないよね…こういう自分を慰める羅列、やめい!

今から一緒に、これから一緒に殴りに行こうか…殴るに値しない。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

今日の東京株式市場…ぶっちゃけ、基本はトランプ暴走や、ヘッジファンド期末決済取引で生じてしまったオーバーシュートへの巻き戻しの雰囲気。今日の動きを個別で見ると、カオスというか、支離滅裂、ろれつが回らない、意味が分からない、ラリってる…。●●セクターはどーよ、★★関連はどーよ…みたいなことでまとめようとしても、チンプンカンプン。
ただし、筋から「株価上げろ」の命令が取り消されてないような東芝に限っては、年初来高値の異常事態。

まさか、ASKAのCDがかつて、東芝から発売された過去があるから?

そんな意味不明なことがあっさりかけてしまうような、よくわからない流れだった。

今日、意味不明な流れの中で堕ちてしまった銘柄を買えた人はおめでとう。逝ってしまった銘柄を売れた人はおめでとう。堕ちてしまった銘柄を売ってしまった人、逝ってしまった銘柄を買った人は残念でした。

そんなしょーもないことしか、書けない。

日経平均 18,356.89 ▼24.33
TOPIX   1,469.58 △5.05

ウィキペディアをもとに書いているのだが、1995-1998年、ASKAの新発CDは東芝EMIから発売されていた。その後、東芝EMIから東芝が資本撤退し、EMIミュージック・ジャパンへ。EMIミュージック・ジャパンは、ユニバーサル ミュージック合同会社へ吸収合併されて今に至る。

別に東芝EMIのなれの果てがどうだとかを書いても始まらないが、今日発売された週刊ダイヤモンド12月3日号に載せられた特集記事

【電機】 東芝子会社でまた不正会計 現実味帯びる「監理銘柄」入り

の件は、株主価値棄損の意味で、極めて重大だ。

「内部統制が有効に機能し始めた兆候でもある」。東芝の平田政善専務が11月11日の9月中間決算の冒頭で、グループ子会社で新たな不正会計が発覚した事実とともに公表したコメントは、東京証券取引所に向けた苦しい弁明だった。

(以降はリンクを)
http://diamond.jp/articles/-/109407

東芝は、チャレンジ不正会計(→粉飾決算)によって、東証から2015年9月15日に「特設注意市場銘柄」の指定を下され、今日に至る。
東証は2017年3月15日までに「指定解除/指定継続/上場廃止」のいずれかを決定するとのことだが、新たな不正会計の発覚で、「指定解除」の目は小さくなり、「指定継続で監理銘柄へ区分変更」or「上場廃止」の公算が高くなった。

いくら業績がよくやったように見せかけても、「監理銘柄」or「上場廃止」の公算は否定しようもない。

そんなことなど一切無視して、年初来高値って…アホですか?

週末から復活したような家電CMは、出資比率の意味で「NECパソコン」のような「ブランド名偽装」でしかない。
「人財管理ソリューション」が賃金カットで、士気低下甚だしい。
早期退職募集、青梅工場閉鎖…

今日のカキコは、以上です。
2016-11-28 21:41:03

この記事へのコメント

ご賛同いただけた方はクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ