17/01/30の株価指数(赤字計上SONYとNECで「清算」の意味が違う)

この週末、HOMES、ABLE、at homeなど不動産賃貸仲介業者のテレビCMが急増していた。
4月の就職、転職、転勤、大学入学、(内部進学ではない)大学院入学に向けて名前を覚えこまそうと、集中出稿が始まったとみていい。ここでは広瀬すずや桜井日奈子の影が薄くなること大歓迎だ。

♪♪♪♪♪

今年に入ってからなのだろうが、アパート賃貸経営のテレビCMが増加しているような気がする。
「成長余地がなくなったのに成長しようと告知をゴリ押し」気色悪い。
「低金利×相続対策」が暴走してバブル成長…バブル崩壊が始まっているのにもっともっと成長したいなんて、できっこないことをやらせようとしている。
さらに、日本のメディアでは完全スルー状態だが、アメリカのブルームバーグで重篤な指摘が…

中華人民に対し、人民元の外貨両替枠・約5万ドルを、本土外での不動産取引に使うなと中国政府が昨年大みそかに義務付けた。そのあおりで、昨年中は英国ロンドンや米国シリコンバレーなど海外で物件漁りを続けていた中国人が、今年に入ってから海外での物件漁りができなくなってしまった。

ブルームバーグの指摘は「中国人が、今年に入ってから海外での物件漁りができなくなってしまった」で終わりなのだが、自ずから想像できてしまうことがある。

中華人民が、不動産を購入するための借金を返済しようにも、国外へ現金を持ち出せないのだから、一部か全部かにかかわらず不動産の処分に及ぶしかない。

日本ではすでに、超高額コンドミニアム、タワーマンションからアパートに至るまで投資用不動産の空き家が激増してしまったところに、終の棲家の主が死去した跡もじわじわと増えつつあると来ている。それに輪をかけて中華人民の換金売りまで…

どーすんだよ。リーマンショックなんて目じゃないぐらいの…とにかく阿鼻叫喚の地獄絵図は回避してくれ!

★★★★★

今日、エレキ業界大手で、下方修正の話が2件公表された。

①ソニーが映画事業で減損損失1121億円を計上

②NECが、システム開発低調と通信事業者向けが振るわなかった事が祟って、営業利益が74%減

数字だけを見ると、「SON=損」Yも、ボトルNECもダメダメだなぁとなってしまうが、実態は
「何にも変わっていないソニー」
「落ち目のNEC」
を意味してしまう。

ソニーの件は17時半にプレスリリースを出したものだ。1989年に買収したコロンビア・ピクチャーズ・エンタテインメント社の営業権などを棚卸したら、帳簿に載っているほどの価値がないということで、清算の意味で減損損失1121億円を計上したということ。ただ、ソニーが抱える映画事業そのものは毎年ちゃんと利益を出している。ソニーの会計基準がSEC→IFRSだったせいで、「20年掛けて償却できなかった」裏返しでしかない。映画事業の減損損失計上以外についてはN/Aなので考えてもしょうがない。

日本の会計基準…のれんは20年以内に毎期償却(費用化)
米国会計基準(SEC)/国際会計基準(IFRS)…のれんは収益性が低下するまでそのまま、低下認識で減損

NECの件は15時にプレスリリースを出したものだ。
通信事業者向けが振るわなかった件については、スマホなどの携帯端末用設備投資の一巡が原因だろうと単純に考えてしまえばよさそうだが、システム開発低調の件については「NEC凋落の象徴」と見なすしかない。商社系、金融系、NTTデータ、富士通について「システム開発低調」の影は感じられない。

それから、すでに歴史の遺物と化してしまっている「日本電子計算機出資6社」から昭和期に沖電気、三菱電機、東芝が脱落し、わかりにくいが「三菱UFJ発足」で日立が零れ落ち、NECは「ビルゲイツに椅子でディスられ」自爆…なんて変遷と化したと思われ。
沖電気(OKI)、三菱電機、(チャレンジ自爆を無視して)東芝、日立はシステム開発の売上比率がどーってことないのでシステム開発低調があっても騒ぐに値せず、富士通は最後の砦でまだなんとかなっているが、NECは完全に草刈り場www

直訳で意味不明な「NEC解の革新者」と化してしまう、「NECソリューションイノベータ」なんて、奇怪な単語羅列をのうのうとやっているようじゃ、かかわりたくもなくなるwww 清算は縁切りを意味してしまう。

コーポレートナイツ社が毎年発表している「世界で最も持続可能な100社」で意外な日本企業がランク入りしています。実は「quarity」を何に対しても「品質」と粗末な誤訳をしてしまうようなミスリードでしかない。

2017 Global 100 Most Sustainable Corporations in the World

「持続可能な」NECがですか? 花王やライオンや資生堂が鼻で哂うわ。武田薬品工業やアステラス製薬が嘲笑するわ。ここでは

Sustainable→環境破壊をせずに継続できる

である。NECが環境に配慮しているらしいことを讃えているのは称賛しておこう。でも、持続可能って…悪い冗談にしか見えない。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

今日の東京株式市場…トランプの「イスラム教徒排除」としか見えない「大統領令」のせいで、世界中が気持ち悪い闇に包まれてしまったような、気持ち悪い現金化売りの下げの流れとしていい。世界中なので、時差の反映からダラダラとなるしかなかった。
そこに、決算の良し悪しが乗っかったとすれば済んでしまいそう。

それ以上何かを書こうって気にはなれない。
大引けから6時間過ぎて、PTSでソニーが4%安、NECが5%安…プレスリリースの中身を見れば、ソニーが売られ過ぎか、NECが買いかぶられ過ぎか…そんな印象だ。

日経平均 19,368.85 ▼98.55
TOPIX   1,543.77 ▼5.48

実際に「NEC凋落の象徴」としている「システム開発低調」については、「賃金が高い商社系や金融系との戦いに敗れて人材買い負けし、雇った人財も人罪へ腐敗させ、人材で負けるからシステムのクオリティで負け、安かろう悪かろうだから優良顧客に逃げられたコンピューターメーカー」の一環でしかない。でも、それを理解しようとしないのが負け組ネックwww

今日のカキコは、以上です。

この記事へのコメント

ご賛同いただけた方はクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ