20/04/06の株価指数(「緊急事態宣言」より米露サウジなのが現実)

近所のドン・キホーテは、日ごろから商品の値段を変え過ぎるきらいがあるのだが、亀田のソフトサラダ1袋を30円も値上げしやがった(怒)。

静岡市内では最近、通勤時間帯に自動車の通行量が増えたらしい。

緊急事態宣言の対象になってしまった東京都、それも23区内にいて、ソフトサラダの件はなんとなく理由が想像がつくが、静岡市内の自動車通行量の件は想像しにくい。

バカ息子は臨時休校、ダメおやじはテレワークでうちにいるから、おやつで食い尽くしやがって売り上げが急増してしまい、在庫が減り過ぎたから、値上げだぁ! これはそれなりに想像がつく。

電車通勤じゃコロナ感染しそうだから、自家用車で通勤するか…これは、東京23区や大阪市のような大都会のまんまんなかではそもそも自動車通勤なんてありえないので、23区の空ではいまいちピンとこない。ついでに、活動自粛の結果、土曜20時の家の外では、生活音がちっとも聞こえなくなってしまうぐらい、車の交通量が激減してしまった事実まであった。

しかし、50万人~100万人の都市圏では、鉄道・バスでの通勤にはそれほど支障がないとはいえ、日常から買い出し等で自動車がないと生活がキツイところに、それなりに働く場所が無料の駐車場を用意していそうだから、電車・バスから自動車への通勤手段変更が出てもそんなに驚けない。

なんで50~100に限定したかって? それを下回ってしまうと、普通列車が1時間に1本もなかったりしてしまうので、残業も早退もままならず、列車なんて使っていては勤め人の生活が成り立たない。実際、そんなところでは通勤時間帯なのに駅には高校生としか思えない者しか見当たらない。言い換えれば、高校生を除くと、電車通勤する人はまれ。北海道・北見、加計学園・今治、別府とかで、そんな絵図を目撃している。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

とうとう、18時前に「東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・福岡7都県で緊急事態宣言」とニュース速報が流されてしまった。

緊急事態宣言の話は、朝9時過ぎからそれとなく流れていた。

だが、それにこじつけて今日の東京株式市場を騙ってはいけない。

今日の東京株式市場については、日本の緊急事態宣言については、もう分かりきっていると全体的には大したネタにはならず、

①ニューヨークでコロナウイルス患者数拡大ペースがピークアウトした可能性が持ち上がり、それに呼応してニューヨーク株式先物が上げ、それにつられて東京・ソウル・オーストラリアの現物も上がった(JST9時過ぎ)

②ロシアとサウジアラビアが原油減産で合意するとの観測で上げ幅を拡大した(JST14時台)

の海外ネタで放り上げられたって形。

とはいえ、3月後半の異常なPKOの付け回しのせいで、今日も中身が薄い。

日経平均 18,576.30 △756.11
TOPIX   1,376.30 △51.17

東証1部の出来高
 16億7962万株
東証1部の売買代金
 2兆6994億円

今日のカキコは、以上です。

この記事へのコメント

ご賛同いただけた方はクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ