16/05/24の株価指数(JALもダイオウも商品安に従っただけ?)

伊勢志摩サミットを前にして手も足も出ない…
ハーバード大学でのイエレン講演を前に手も足も出ない…

大勢はそんなイメージで語る市況だった。

膠着状態、方向感がない、薄商い、手控え、ボックス圏…

でも、ちょっと待った。

今日の動きで顕著だったのは、

ローパー王子、カジノ使い込み王子を追放した大王、北越紀州と紙パルプが上がり、JALが飛ぶ一方で、非鉄・鉱業・大手商社が下がる、いかにも「商品安」に反応した流れと分かってしまった。

※JAL/ANAの2社で、「商品アゲサゲ」にビンカンに反応するのがJALで、ANAは鈍感。

でも、何を書けばいいのか、さっぱりわからない。昨日も、おとといも…最近ずーっとこんな感じ。
「円高」「PMI」をよりどころに書こうとして、個別の値動きを追ってみたら、ビンカン/鈍感/アゲインストとてんでバラバラだったりしたので、よけいに何を書けばいいのか、さっぱりわからない。証券会社の仕業、自社株買い/売り出しなど個別の事情があるところはその通りなのだが、それだけ。

日経平均 16,498.76 ▼155.84
TOPIX   1,326.50 ▼12.18

気が抜けてます。「やる気満々のヤリマン!」タイプはできるが、やる気が萎えてます。
「商品安に従っただけ」のタイトルにした根拠は、ロイターが配信した「中国反落、資源株に売り」のタイトルを東京にあてはめたら見事にはまってしまっただけ。

あんまりキーボードをたたく気にもならないので、今日はあっさり終わります。
2016-05-24 21:36:24

この記事へのコメント

ご賛同いただけた方はクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ