16/07/06の株価指数(YouはShock!!北斗の拳で済んでいるうちは…)

逸見政孝が市谷河田町での仕事を終えた後の、1984年10月11日(木曜日)午後7時が放送開始のテレビアニメ「北斗の拳」では、主題歌としてクリスタルキングが歌う「愛をとりもどせ!!」が流された。

当時、日本のアニメが世界中に伝搬するとは考えもしなかったはずなので、日本語を話し、それなりに英語教育を受ける人以外は理解できない「YouはShock!!」なんて歌いだしにされてしまっている。

あれから30余年の今日(水曜日)

北斗の拳と掛けてEU離脱と説く

そのこころは

どちらも「ユーはショック」

考え落ちの世界で、どーもすみません。

北斗の拳の主題歌は「ユーはショック」で始まる

イギリス(UK)が国民投票でEU離脱を決めてしまったあおりで、マネーのUK離脱が生じてしまった結果、イギリスの不動産ファンドの一つがが解約の一時停止を発表した5日、英ポンドは対ドルで31年ぶりの安値をつけてしまった。そのあおりが主因で、5日の欧米株式市場は軒並み大幅安に陥った。英ポンド>ユーロ>米ドル>日本円の関係から、欧米通貨に対しての円高にされてしまった。こんな動きを受け、6日の東京株式市場は大幅安へ。

「UK REIT Shock(ユーケーリートショック)」→「ユーはショック」

わかりにくくて、どーもすみません。

サザエさんの長期低落をもたらした笑点の「錦糸町で不倫、全部持ってって」圓楽、浅草で整わなくなって解散したWコロンでも、こんなややこしいことはやらない。

【モーサテ】HPより
一時収束していたポンド安が再び進んでいます。5日の外国為替市場でポンドはドルに対し31年ぶりの安値をつけました。5日の取引でポンドはドルに対し、1.30ドル台まで落ち込みました。5日発表の6月のイギリスのサービス業PMI(購買担当者景気指数)が落ち込んだことや、イギリスの不動産ファンドが解約の一時停止を発表したことなどからイギリス経済の先行き不安が広がったためです。ポンドは円に対して、一時、1ポンド=132円台前半まで下落しました。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

今日の東京株式市場については、モーサテを見ているか否かで見る景色が変わってしまう。

【モーサテ】を見ていたので「UK REIT Shock」で「YouはShock!!」と書けるが、見ていないと不勉強に「UKのEU離脱に対する影響の懸念」なんて、不毛な単語を羅列するだけって感じになってしまう。

勝手グルーピングをやってみたら、スッキリ下げとモヤモヤ上げが歪に併存する、イヤーな流れの続きになってしまった。

①「UK REIT Shock」や「イタリアの銀行に不良債権懸念」が重なって、年初来安値の三菱UFJ・みずほ両FGが2012年12月以来の安値を付けてしまったほか、6/28の異常値を無視すれば年初来安値の三井住友FGも2012年12月以来の安値水準なんてところは、一般にもわかりやすい。INPEX、JX、住友金属鉱山、大手商社…非鉄石油関連の大幅安もわかりやすい。

②UK進出の富士通、日産自動車、EUデメリットのマツダ、プリンター関連(キヤノン・リコー・セイコーエプソン・ブラザー工業など)などが大幅安なのもわかりやすい。

③欧米系ファンド撤収のあおりでJALや西武HDがアンダーシュート。業種別でグルーピングしにくいのでマスゴミは記そうとはしない。

④ディフェンシブ系に資金逃避?とマスゴミは記すが、割高感が出ても買い漁るって「妨害ばかりなんて恥ずかしくないのか」株上げろ口利き→惰性の業務遂行にしか見えないNTTやKDDI、食品株の高値買い漁り、(今日は大幅安で終わってはいるが)買い支えが醜悪な東芝…これはわかりにくいので要注意

要するに、下げ要因は威力を弱めない一方、「口利き買い」は泡沫と化している。

日経平均 15,378.99 ▼290.34
TOPIX   1,234.20 ▼22.44

「円高デメリット」だのなんだのといくらやってみても、最近の流れって以下の感じにしか見えてこない。

クレームをつけられてしまった銘柄は、想定業績でのレンジ下限を下回っても誰も買わない

口利き命令をバカマジメにこなす輩が予算消化に使う銘柄は、真っ当な投資家の「利益確定売り」以上に買いが出されてしまって、ババをつかむ高値と化している

参議院選挙が終わったら…と書きたいところだが。口利きは東京都知事選挙が終わるまで続いてしまいかねない気がする。そして、都知事が決まったら、ババをつかむ高値になったところが崖から飛び降りる…ヒエー

8月になったら、お前はもう死んでる

今日のカキコは、以上です。
2016-07-06 22:08:00

この記事へのコメント

ご賛同いただけた方はクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ