21/10/27の株価指数(日本郵政大売出しで三公社五現業換金が事実上終わった後)

昨日、パソコンがやたらと重いという事で、仕方なく強制的に電源を落としたら、作成中のテキストファイルの文字が全て「NULL」に化ける事態に見舞われてしまった。

バックアップも何もないので、どうしようもない。
そんなことで、昨日は休載。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

昨日の東京株式市場は、「日本郵政、最後の政府保有株放出」という事で、厄介者が去った感じでドカ上げ。電電公社、国鉄、専売公社、郵便局の大多数が政府保有株放出を終えたという事で、三公社五現業換金が事実上終わったんだなぁ、と気が付かされた。
紙幣を印刷する印刷局、貨幣を製造する造幣局を売り出すはずはない。JR北海道、JR四国…東証上場基準を満たせるはずもないから、無理だ。残るはJR貨物ぐらい? という事で、事実上売り出し終了。

さて、今日の東京株式市場はというと、
「中国政府が不動産業者に外債デフォルト先送りさせた」
「U!S!A!ニューヨーク株式は最後の晩餐」
とかやっても、無力。キヤノン失望、東電失望、日立建機万歳、日東電工万歳みたいな、9月決算発表次第を除くと、「政府放出・日本郵政株の購入に当選した人に、とっとと利益確定売りをさせて、はめ込みたい株を上げ方向にしろ!」なんて動き。

なんか、
政府放出・日本郵政株購入に当選→年利●%3ヶ月定期(自動更新なし)
はめ込みに使う株→3ヶ月満期後に売り付けるいかがわしい金融商品

みたいな、怪しい銀行がやっている、金融リテラシーがない退職直後ぬれ落ち葉ホイホイとそっくり。

キッコーマン、味の素、明治、森永、花王、ライオン、アサヒ、キリン、サントリー…

「日経よくよんでいるぞ」と威張っているクセに、企業の価値を知ろうともせず有名で業績のブレが少なかろう…と思い込む金融リテラシーがない退職直後ぬれ落ち葉がいかにも好みそうな銘柄群がぶっ飛び。

そういうことだ。

それ以上、何を書いてもしょうがない、とするだけ。

日経平均 29,098.24 ▼7.77
TOPIX   2,013.81 ▼4.59

東証1部の出来高
 11億4411万株
東証1部の売買代金
 2兆6241億円

今日のカキコは、以上です。

この記事へのコメント

ご賛同いただけた方はクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ