18/01/17の株価指数(もうバブル中国の国内人の日本ブランド買いだけだろ)

日本はもとより、欧米や中東の機関投資家達は、テーパリング(量的緩和の縮小)に伴う供給マネーの縮小に対応すべく、保有資産の売却に舵を切ってきている。国債、地方債、社債、商品先物、株式、REITなど金融商品はもとより、絵画、骨董品、クラシックカー、競走馬/種牡馬、映画やゲームやアイドルなどのコンテンツ、ワイン、ウィスキーなどに間接的に投資していく投資ファンドも例外ではない。 海外の金融事情を見ようとしないで、「麿」が読み上げるようなレベルの日本国内の「今」しか見ていないと、 「住宅ローンが年0.8%」 「定期預金の金利が年0.01%」 などと異常過ぎる低金利にばかり目が行ってしまうが、金利変化の意味では世界的に上昇傾向にある。 ~~~~~~~~~~ 世界最大の機関投資家・GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の昨年9月末現在の資産構成比率を見てみた。 国内株式24.35%、海外株式24.03%と、基本ポートフォリオの中間値25%に近づいていた。 その後の10-12月は、世界的株高と化していた。海外株式の上昇率はごった煮なので書きようがないが、日本ではTOPIXが△8.52%(1674.75→1,817.56)に。海外株式の上昇率が日本の半分と仮定し、金利や配当金の収入や、年金や経費の支出を無視して構成比率を試算してみたら、国内株式25.63%、海外株式24.30%となっていたので、中間値に近づけるよう国内株式の一部を売りに出ても驚けない。 ~~~~~~~~~~ …

続きを読む

14/10/30の市況(資生堂は女性が輝く銀座松屋・三越での買い控えを恐れてリークした公算大)

思いつきで「竹内まりやの紅白歌合戦を妄想するな」と週刊文春に対して書いてみたが、別建てでいいので分割です。1980年に資生堂のキャンペーンソング「不思議なピーチパイ」を歌っていたことから、連想したわけではない。 昨日、心房細動に対する第4の新規経口抗凝固薬リクシアナ(エドキサバン)なんてものに首を突っ込んでしまって、頭がパンクしそうになった。(もともと貧乏な出自なので)医学部なんて行きようもなかったが、行けたとしても確実にパンクしたわ。貧乏でも問題さえ解ける能力さえ装備していれば合格できる授業料の、国公立大学の医学部は、皮肉にも「受験対策に大金をつぎ込まないとどうにもならない」東京大学理科3類…どう逆立ちしたってムリだ。 最近では最低でも「上智」「同志社」へ合格できるレベルの受験ノウハウがないと太刀打ちできない、国公立なら「早稲田」「慶應」へ合格できるレベルの受験ノウハウがないと太刀打ちできない、医学部であるが、自分の当時は「コアラのマーチ」クラスで最低ならなんとかなった。だが「中退巨乳に猛打連発の中大巨人」程度の脳では、心房細動向け経口薬のお話…ついて行けない。 最近では最低でも「上智」「同志社」へ合格できるレベルの受験ノウハウがないと太刀打ちできない、国公立なら「早稲田」「慶應」へ合格できるレベルの受験ノウハウがないと太刀打ちできない、医学部であるが、自分の当時は「コアラのマーチ」クラスで最低ならなんとかなった。だが「中退巨乳に猛打連発の中大巨人」程度の脳では、心房細動向け経…

続きを読む

ご賛同いただけた方はクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ