株主優待?カレンダー送付でラストワンマイルを考えていない富士通カレンダー事務局

年末、富士通カレンダーが届いた。 中間報告書が送付された封筒に同封された募集はがきを返信した結果である。 例年通りの「世界の車窓から」カレンダーである。 テレビ朝日・大阪朝日放送・メ~テレなどで放送しているテレビ番組のカレンダーである。 一般に企業は、年末になると挨拶や宣伝等の意味でタオルなどを配るが、それとカレンダーは似ている。 「世界の車窓から」カレンダーも、年末のあいさつっぽい感じなので、「株主優待」と銘打っていないように思える。 そこまではいいのだが、サイズと、2つ折りができてしまうような紙質のものを、ほぼそのままビニールに入れて送って来てしまうのがマズい。 「世界の車窓から」カレンダーは2つ折りされた状態でA3(297×420)、開いたらA2サイズのカレンダーである。 カレンダーそのものはありがたいものである。製作者の手間暇や感性を感じる。 だが… カレンダー送付の体裁から、送付過程のどこぞで「無神経なカス」が混じると、カレンダーそのものが「荷物投げつけSG」のような形にされ、台無しにされてしまう。 届いていたカレンダーは、DMのように縦に2つ折りされて、ムリヤリ郵便受け(ポスト)に押し込められていた。 せっかくの「世界の車窓から」カレンダーが台無し(怒)。 ========== カレンダーが無理矢理押し込まられる過程を考えると、無神経に2つ折りで郵便受けに押し込んだ奴が悪いとなってしまう。それが郵便配達か、大家はわから…

続きを読む

キヤノンの株主カレンダー条件が改悪されていた。一見さんはダメよ…もらえない。

キヤノンでは少なくとも2014年6月の権利落ちまでは、少なくとも100株以上で6月の配当を取った人には、翌年カレンダーを12月に送っていた。2015年6月の権利落ちも「12月送付」だったらしい。 2014年12月に、キヤノンの株主カレンダー「世界の街道をゆく」を受け取っている。 2015年12月は、2015年6月に株主でなかったので受け取っていない。 さて、2016年の6月配当権利を取ったので、12月にはカレンダーが送付されるものとばかり思っていた。 先日、8月26日に100株の配当を支払ったと、計算書が封筒に入れられて送られてきた。 それはそれでいいのであるが、封筒に同封されていた小冊子「第116期中間報告書」を一通り見て行ったあと、最終ページ(裏表紙)に至り、そこにベタな形で記される事項に「なんじゃーこれは?」と思う、失望の一節を見つけてしまった。 ========== 当社カレンダーの進呈について 1単元(100株)以上の当社株式を3年以上ご所有いただいている株主様(*)に、 長期保有のお礼として、当社制作のカレンダーを進呈させていただきます。 発送は12月上旬となる予定です。 *本年6月の株主名簿において100株以上ご所有の記録がある株主様で、それ以前の3年間、  6月末日及び12月末日の株主名簿に同一の株主番号にて100株以上ご所有の記録がある方 ========== 平たく書けば、「2016年6月末に100株株主でも。2015…

続きを読む

JALは株主割引券が7枚になると、簡易書留を使って送ってくる

昨日の夕方、郵便受けに不在連絡票が入っていた。 当人の意思に関係なく、宮城スタジアムで発覚してしまったファンの性別・年齢層がもたらす行動パターンのせいで、東京ドームと京セラドーム大阪だけとするより、首都圏と京阪神の大規模収容施設でしかコンサートができなくなってしまった、「厄介な未成年女子に飲酒を促すのはケシカラン」ジャニーズ嵐を起用するキリンの47都道府県の一番搾りが郵便局の物流センターに届いたのかと思った。 ここでのキリンの47都道府県の一番搾りとは、昨年末の100株以上株主に届く、株主優待のことである。 でも、差出人様欄にボールペンで書きなぐられた、お世辞にもキレイと言えない文字をみたら、アレ? 日本航空 と書かれていた、それから、郵便物の種類は【簡易・記録】とチェックされていた。 JALのクレジットカードや通販のようなものを利用して​いないので、思い当たるフシは株主割引券しかなかった。 3年前に100株を仕入れた後は、先様の決まりに従って株主割引券が送られてきていた。これまでは、株主割引券を送付してきたあと、わざわざ「不在連絡票」なんて入れてくることもなく、郵便受けに封筒が入れられて終わりだった。 過去3年間と、今回で違うのは、株数が大幅に違ったことぐらいである。3年前に100株を仕入れ、株式2分割で200株になったところに、めぐりあわせで今年3月末に1000株になるよう買い足していた。(今は200株を残して売却済み)。 JALが発行する株主…

続きを読む

ご賛同いただけた方はクリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ